スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

眉山



久しぶりにもう一つの方へ、レビューを書きました。
この映画を見に行くには勇気と覚悟がいりました^^
やっと、今週あたりで終わりじゃないか・・と思われる今日、何かに追い立てられるように行ってきました。

母と娘の物語です。

娘だった私は、尊大で、恥を知らず、我がまま放題で、鼻持ちならない娘でした。
20歳の夏までは・・・・・。

えっ??ドッキリカメラなの?
・・と、思えるような現実に図らずも向き会わなければならなかったときに・・・・

なぜ生まれてきたのか・・・・
なぜここにいるのか・・・・・
偶然なんかじゃない、必然でここに存在してるんだと・・・・

飛ぶ取り落とす勢いで、快進撃を続けていたお気楽娘は故郷に戻り、父を看取り、母を守りそして見送り。
母と娘だからこそある葛藤を乗り越えれる年になりつつあるような・・・そんな気持ちで見てきました。

大沢たかお
相変わらずいい俳優さんですね。
星の金貨・・・の頃からステキでしたが、いい年を重ねてきてるように見えました。
3年ほど前、ソ・ジソブと言う韓国俳優と韓国歌手のMVに出演してるのを見ましたが、とても目が生きてて素敵でした。

圧巻は宮本信子
こういう役を演じさせたら・・・右に出るものはいない?
粋で、艶で、背筋がピシッと伸びてて・・・・
目元の小じわも、肌の衰えも、全てひっくるめて、ステキな年を重ねておられました。
彼女が出てるから・・・見に行ってきました。

最後に松島菜々子
子供を一人生んだとは思えないスリムな体型にびっくりしましたが^^
自然体な演技が真摯に母と娘であろうと言う姿勢に見えて好感が持てました。

ベッドに横たわる母のおなかの辺りに頭を乗せて、父のことを語る娘の頭に手をやって撫でてやろうとする母親の手の運びに涙がこぼれそうになりました。
どんなに年を取っても子供を産んだ女は母親です。
小さな赤子を抱かせてもらえば自然に体が揺れます。
大きな娘であっても泣いていれば幼子をあやすかのように撫でてやろうと手が動きます。

面と向かえば素直になれず、距離を保ち、二人でいればいるほど孤独を感じてしまう母と娘。
母だから言えない事・・・・
娘だから聞けないこと・・・・

あの我がまま放題だったお気楽娘もこうして、人の痛みが多少なりともわかる年齢と人間になってきたようです。
我が家のお気楽娘も・・・・いつかはこの眉山の母と娘のように・・・理解しあい、近づこうとするときが来るでしょうか。

人は悲しみが多いほど、人にはやさしくなれるものです。
我が家のお気楽娘が、人並みに悲しみを知り、人を思いやることが出来るようになって欲しいと思う反面、そんな悲しい目にはあって欲しくないと・・・親ばかですね。

そんな思いをかけてくれる母親と言うものがありがたくもあり、うざくもあるものですが・・・・
地球の裏側にいるもう一人の私の母。
あなたに大好き・・・と言う日はきっと永遠に訪れないのでしょう。








コメント

mkさんの話、沁みます。。。


菜々子さんと大沢さんが四国の山を見ながら肩を並べてる後姿がホームページにあったんですが、その空気感がきもちよくって行きたいなあって思ってたんです。
勿論大沢さんにも会いたいですし。。。
脱線しますが7月24日通りのクリスマスもよかったですよ。病気におかされることなく珍しくハッピーエンドでしたし^^;
最近、もうすぐ二十歳になる娘と何かとぶつかることが多くて。。。私が器の大きな母親になれてないのは分かってるんですが。。。
ささくれた心で言い合ってしまって、そして又後悔。。。そんな事の多い今日この頃です
この映画は、そんな私に何かを教えてくれそうですね。時間のやりくりして行ってきます^^

lucyさん^^

うちも・・いますわ^^;来年成人式を迎えるお気楽娘が~~WW
まぁ・・・・私も似たような道をたどってきたし・・・そのうち・・理解しあえる日も来るだろう・・・と^^;
彼女も子供を生んで、人の親にならなければわからないだろうな~~と、この頃は思います。

予告で流れた田村正和さんの12年ぶりのスクリーン~♡
16日からです。眉山と入れ替えかな?
これも見たいし、サーファーだった飯島夏樹氏の映画化も見たいと思っています。こちらも大沢君と伊東美咲^^;

最近日本映画の方が・・・見たいと思うものが多くて。。。。

泣いちった(ToT)

予告見て行きたいな~とは思っているんだけどなかなか時間が取れないんだ。
宮本信子さん、好きな女優さん。
年を重ねるごとにますます魅力的。
もちろん大沢くんもね^^

私は両親が揃っていて、どちらかと言えば祖母との仲がひどかったから
母を守りながら親子って言うより、姉妹みたいに育ったの^^
今も昔も『せいこはどう思う?』『どうするのがいい?』
って頼りにしてくれてる。
心の持病があるから尚の事、もっともっと親孝行してあげなきゃ・・・って思ってます。

あの頃は

幼稚園児でも、今は7才の息子を持つ母ですw
mkさんのいう通り、私も友達の赤ちゃんを抱けば自然に体は揺れますし、
子供の頭をなでるという行為は、自然にしているように思えます。

ん~
そういえば、私にとって母はいつまでも母であって、例えば友達のように「昔はこうだったんだよ」とか、「こんな辛いことがあったんだよ」とかは聞かないですし、また母からも聞いたことがありませんね。
そう思うと父にしても身近にいるのに、一番何も知らないのかもしれませんね・・・。

同じ子供を産んでいるはずなのに、なぜこんなにも体系が違うのか七不思議ですw

せいこちゃん~~^^

ネットを始めてさ、せいこちゃんと出会ってほんとに良かったぁ~~って思ってる(*^^)v
あなたのその性格と言い、その人となりはどこで作られたものなのかなぁ~って、当初思ってたよ^^
信頼が置けて、誠実な人に出会うことって、なかなかないのに、ネットと言う一番うさんくさい(笑)場所で出会えるなんて・・・これは運命?前世は姉妹だった?ww

たぶん、一番根底にある価値観が似てるんだろうね。
そして、そのイジワルバッチャンにきたわれたことが誰に対しても暖かさを感じさせるんだろうね。ある意味バッチャンにも感謝?ww

眉山~良かったよ^^
私もあのトンチキな娘とああいう母娘に最後はなれたらいいなぁ~~^^
でも、老後は、息子と息子の嫁に見てもらおう~~wwあの娘じゃ何食わされるかわかったもんじゃない~ww

立派になった息子たちを連れてちょくちょく高い焼肉をご馳走になりに行くのも親孝行だよ(*^^)v
・・で、また行くぞ!!韓国に!!(タクシー今度は後ろに乗るっ!!)

あきみちゃん~~^^

それを言うならうちも・・・だんなと同じものを食べてるのに・・なんでこうも違ってきたのか・・・・@@
お前だけ隠れていいもん食ってる~~と、責められております^^;

友達の赤ちゃん・・・抱っこしてるといつの間にか自然に体が揺れてあやしてるんですよね^^これって・・母性なのかな?体が覚えてる記憶なのかな?

もっとも・・・私の場合はあきみちゃんと違って、友達の赤ちゃんじゃなくて・・・・友達の孫ですが^^;(うっうっうっ・・・嗚咽。。。。)

さささ・・・午後から仕事!!仕事!!ww

え~~~∑( ̄□ ̄ノ)ノ

そんな~友達の孫のところで泣かないで下さいよぉ~w。゚゚(´□`。)°゚。ワーン!! 
mkさんの切り返しはいつも面白いです♪
仕事がんばってくださいねo(*´▽`)ノ"♪

関係ないんですが(^^;)

最初に、記事に関係なくてすみません。(ぺこり)

今日初めて気が付いたんですが、、、
mkさん・・・・かなりビックリです!
ここのブログ Author が Parkyi じゃないですか!!!!!

ビックリしすぎて数秒時間が止まりました。
と、足跡残して帰りますね。(^^;)

ほ~っほっほっほ

Ryoさん~~何を今さらぁぁ~~爆!!
背景が薄い色になったから目立っちゃった?

自分で名づけておいて・・・パーキィーって、読んじゃうんですよね^^
ちゃいまんがな~と、一人突っ込みです~ww

あきみちゃん。。。。

読んでて・・真っ先に思ったんだもん。。。。
友達の赤ちゃんじゃないよなぁ~~(ー"ー;)
孫だよなぁ。。。。って・・・・(T.T)

遅くにごめんなさい。。

こんにちは 私も「眉山」見ましたよ。。
ホントに宮本信子さん よかったですね。

偶然にも祖父の出身が徳島だったので、母が子どもの頃から聞いてたという話(阿波踊りの話とか)とも繋がって不思議な気がしたわ。
連れて行ってあげたかったなぁ~眉山、一度見せてあげたかったなぁ~と…

この物語の母親とはずいぶん雰囲気の違う私の母だったけれど…いろんな場面で母のこと思い出して涙ながらに見ました。

いやいや、外見まったく違うんですけど…奈々子さんしてました(失礼^^;)

Hanaさん^^

Hanaさんも行ったの~♪
いい映画でしたよね。
文庫本のほうを映画見てから読んだんですけど・・・これは、映画の方がよかった・・と思える意外な作品のひとつでした^^

普通は原作に勝てないんですよね^^
本の方が自由に読む人のイメージで膨らんじゃうから、先に本を読むと映画の内容が期待について来ないんです^^

最後の終わり方が本とは全然違ってましたけど、映画の方がより親子の感情がよく出ててよかったです^^

宮本信子~~すごいですね@@
小またの切れ上がったいい女・・・というのは彼女のような人を言うんでしょう^^
今更遅いんですが・・・あの潔さ・・・お龍さんを見習って行きたいと思いました。

次は・・・予告で見たラストラブ~~きゃぁ~~♡
田村正和様のラブストーリーですワン~♡
これは見にいかなきゃぁ~~ミーハーな私^^;
Secret

プロフィール

気持ちを華に添えて

Author:Parkyi

お気に入り



私の頭の中の消しゴム
イ・ジェハン監督作品
チョルスに逢いたい

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

お客様^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。