スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「青天の霹靂」

hekireki1.jpg

試写会が当たったので、見に行ってきました。
劇団ひとりさんの才能を垣間見ますね。

一番おもしろかったのはこのシーン

hekireki2.jpg

ハンパなく面白いです(笑)
間がいいっていうか、ほんとに二人で組んでみたら・・って思うくらい^^

この手の過去にさかのぼっていくストーリーは最後のつじつま合わせみたいなのが気になるところだけど、笑ってしまえ~~って感じで気になりませんでした^^

ほとんどストーリーは読めるし、こうなるだろう~~って、思うとおりに事は進んでいきますが、最後の最後に、あれ・そういうことだったの???って、展開も隠されておりました(^^)v
さすが、劇団ひとり監督!!


デビュー作の『陰日向に咲く』に次いで本作が2作目の小説で、著者である劇団ひとりが監督を務める同名映画・・・とありますが、ちょっと最初の導入部分が『異人たちとの夏』にすごい似てました。

「異人たちとの夏」の主役は風間杜夫さんですが、今回の青天の霹靂にも出演されてて、漫才小屋「雷門ホール」の支配人という役でした。これは偶然?劇団ひとりさんが、「異人たちとの夏」をリスペクトされてて、出演をお願いしたのかしらん?
ちょっと気になりました。
「異人たちとの夏」は最後はホラーですけどね^^
片岡鶴太郎さんがいい演技してて、何か賞をもらったような気がします。

ijin1.jpg

きゃぁ~~古い映画ですぅ~~^^

コメント

Secret

プロフィール

気持ちを華に添えて

Author:Parkyi

お気に入り



私の頭の中の消しゴム
イ・ジェハン監督作品
チョルスに逢いたい

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

お客様^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。