スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

試写会 『砂時計』

『砂時計』

m08068detail.jpg

松下奈緒さん、井坂俊哉さん


suna2.jpg

でも、主演、熱演はこの若い二人 大悟役の池松壮亮君^^ 


suna1.jpg

杏役の夏帆ちゃん^^

杏の両親の離婚、母親の自殺・・・・・・人生でもっとも多感な時期に迎えた衝撃の経験。
そんな杏を一途に思う大悟との初恋がベースになり、時空を遡ったり、現実と過去がリンクしながらラストへ向って進んで行く。

この大悟と杏の二人が交わす視線一つ一つがいじらしく切ない。
誰もがこの初恋と出会い、過ぎて行った懐かしい胸のうずくような過去を持っている。

ナレーションの始めに松下奈緒さんのナレーションで、「私には思い出す風景がある」と伝えてくる。
画面いっぱいに広がる大自然を見ながら、一緒に自分の過去の懐かしい風景がシンクロして行く。

この大悟と杏のように、手をつなぎ歩いた道。
手を合わせ、ずっと一緒に・・・と、願った神社。
自分のことよりも、相手の幸せばかりを願った日々。
自分の想いばかりを押し付けていた過ちへの後悔。

杏はこのまま大悟といたら、私が大悟を押しつぶしてしまう・・・
大悟から離れる事が・・・一人でちゃんとやっていく事が大悟への愛だと思った杏

幼い愛なりに悩み葛藤し、相手を思う気持ちからすれ違っていく。
そんな杏を受け止める事も、拒否する事も出来ずに時間が止まったままの大悟。

12年後の再開で、自分にとって何が一番大切だったかを知っていく2人。



忘れてしまっていた、胸がキュンとするような甘酸っぱさを思いだしてしまったおばちゃん’sでした^^
島根にあるのでしょうか?大きな砂時計の1年計。
私も見て見たいな~~と思ってしまいました。

ストーリーは我らおばちゃん’sには、先の展開が読めるものでしたが、なんと言ってもこの若い二人の演技には脱帽でした@@
特にこの大悟君役の池松壮亮君。
この数年で、ホントに出てきますね~~^^一押しです^^

お名前は松下奈緒さんが出ていますが、主役はこの若い二人でした。
杏に急に会いたいと電話で言われ、自転車をかっ飛ばし、電車を乗り継いで空港へ駆けつける大悟。
そのときの表情がいいんです^^
うれしさと、恋しさと、先を急ぐ必死さがとてもよく出ていました。

誰もそんな経験がありますよね。
そんなピュアな気持ちはどこに行ってしまったんでしょう~?^^;
それが大人になる・・・ってことなんでしょうか?
だから映画を見に行くのかな~?
忘れてしまっている自分の中に眠っている何かを見つけに行くのかもしれませんね^^

初恋を扱った物の基本になるのが私らの世代では「小さな恋のメロディー」です^^
まだ、あれほどの感動を与えてくれる初恋物の映画に出会ったことはありませんが、この「砂時計」の大悟と杏の二人はそんな切ない気持ちを思いださせてくれるには充分ですよ^^

幸いな事に私の初恋の相手はまだまだお元気で仕事されてるようですが(風の便りで^^;)、この試写会を見に行くと話した職場の人は「私の初恋の相手はまだ生きてるかなぁ~?」と言ってました(笑)


おばちゃん’sのためか一番泣けたのは、自分でも気がつかないうちに思い出の浜で割れた砂時計の破片で手首を切った杏が病院で気がつき、おばあちゃんがクッション(枕?)を杏に投げつけて怒るシーンでした。
「しゃんとせな!!しゃんとせないかんのよ!!」と。。。。。
この言葉で、離婚して戻ってきた杏の母親を責め、結局自殺してしまうのを防げずに後悔していた祖母。でも、孫さえも自殺未遂をしようとしてつい、出てしまったこの言葉・・・・・

愛しているから元気付けようと・・・しっかり生きて行って欲しいから叱咤激励しようと・・・
そんな思いが空回りする辛さをよく現していました。


試写会会場も若いカップルや、高校生が多かったです^^
是非、カップルで見に行って欲しいですね^^
きっと、今目の前にいる彼のことを大事にしよう~って言う気持ちになりますよ^^








お気に入りのシーン
suna3.jpg


suna4.jpg


suna5.jpg


suna6.jpg


suna7.jpg



これ試写会のお土産^^
P1000446.jpg

コメント

・・・・

こんな想い、どこに置いてきたのかな~?
ふふ、でも考えると、
今別の所にぶつけてるのがそんな感じかもしれんがね~(笑)
実らん淡い初恋・・・?いや何度目かの恋か(爆)
ドキドキしたり、心配したり、胸キュンキュン、
やっぱりヨジャはいくつになってもこういう想いを持っていたいもんです。
旦那とはもういいけど^m^

今日、すごくご年配のご夫婦が(たぶん)手を繋いで横断歩道を渡っていたの。
何も話していなかったんだけど、
その握り合った手と互いを見るまなざしを見て、
あ~このご夫婦は、互いを想いあっていらっしゃるんだな~
ってジ~ンとしちゃった。

せいこちゃん^^

周りを見ると高校生から21~2ぐらいの若い子がいっぱい^^
どうやら、昼ドラであってたの????
それを見てると、いまいちピント来ない人が多かったらしい^^;

私あんまりテレビ見ないからね^^;
何も先入観や、結末を知らないで見てたのが良かったのかも^^
若いときにはこんな映画の一つや二つは見ないとねぇ~~^^
思わず初恋の彼を思い出しちったよ~~てへへ^^;

年取ったら、二人でダンスホールに行って、ジルバやルンバを踊ろうね~~と言い合ってた私達夫婦^^;

あぁ~~た!!
足腰痛いわ・・・・
どうせなら若いのと踊りたいわ・・・・

たぶんどこまで行っても微妙にすれ違ってる夫婦なんだと思うわぁぁ~~^^;
ジジイ置き去りにして、真っ先に横断歩道渡り切ってる・・・ワタシ^^;
Secret

プロフィール

気持ちを華に添えて

Author:Parkyi

お気に入り



私の頭の中の消しゴム
イ・ジェハン監督作品
チョルスに逢いたい

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

リンク

最近のトラックバック

過去ログ

ブログ内検索

RSSフィード

お客様^^

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。